«  2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« Goto 歯医者!コロナ重症化予防【二子新地のくもい歯科】  | メイン | アルツハイマー型認知症と歯周病 【二子新地のくもい歯科】 »

2020年9月22日

こんにちは!
院長の雲井です。🐄

連投になりますが、今日は親知らずについてお話ししたいと思います。

自分の知っている方が書いたものの転載ですが、一般の方に分かりやすいようにまとめてあるので転記します。

ここにあるように、悪さをしている親知らずは抜歯することが多いですが、抜歯は嫌だという場合はご本人の理解のもとに抜かずに保存しておくように、痛みを取る処置をするだけにとどめることもままあります。

もちろん、重篤な症状を引き起こす状態の親知らずは抜歯するしかありませんが...

そうでない場合は柔軟に対応したします。どうぞご相談ください。

※いわゆる対症療法になりますので、一旦痛みが引いても後日に再発するリスクが残ります。そのリスクは患者さん側で承知していただきます。


では、本文をどうぞ。

SL_2009_親知らずの基礎知識.jpgのサムネール画像

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
くもい歯科クリニッ​ク 院長 雲井秀樹

くもい歯科クリニッ​ク
院長 雲井秀樹

北海道大学歯学部卒

鶴見大学歯学部小児歯科学教室助手職を7年間務めたのちに、当地にて開業。

ファミリアキッズ駅前園 園医

日本歯科医師会会員 日本小児歯科学会会員