«  2021年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 親知らずについて  【二子新地のくもい歯科】 | メイン | 本年がよい年ありますように!【二子新地のくもい歯科】 »

2020年10月29日

こんにちは!院長の雲井です。🐄

早いもので、昨年の災害(10月12日)から一年以上が経過しました。

当時は、あまりの被害に再建しようという意欲がわかず、このまま閉院しようかなと真剣に思っておりました。

しかし、家族や周囲の皆さまの励ましのおかげで2020年2月には早くも現在地で再開業することができました。

そこまでには紆余曲折があったのですが、いくつかの幸運と周囲の人のけん引力がものごとを前に進めてくれたのだなと今は思っております。

こういう大きな痛手を被った時に男は弱いですね...

女の人の方が強い!!家庭や仕事場にいる女性の方のけん引力には頭が下がりました。

落ち込んでいる私を引っぱたいて奮い立たせてくれました。

おおげさですが、女が歴史を作るというのは本当だなと思います。

すいません、私事を書きすぎですね。。。。

さて、今日はアルツハイマーと歯周病の関連性がまたひとつ明らかになったという話題です。

10月28日のテレビ朝日・羽鳥慎一のモーニングショーで取り上げられていました。

アルツハイマーを引き起こすアミロイドβという物質の体内での生成を歯周病菌が後押しする。増加させる。

そのことはすでに知られていたのですが、九州大学歯学部の研究によると、脳の中でそのアミロイドβを受け入れる受容体の働きも歯周病菌によって活性化されることが分かったのです。

つまり、歯周病になるとアルツハイマーの原因物質が体内に増えるだけでなく、脳に原因物質が取り込まれやすくなるというわけです。

恐ろしいですね。歯周病をケアしない人はアルツハイマーになりやすいわけですね。

わかりやすい流れで恐縮ですが、定期的に口腔ケアを行うことで歯周病は防げます!

ただ、ホームケアには限界があり、歯科クリニックでのプロフェッショナルケアでホームケアで落ちない汚れを取る必要があります。

糖尿病も同じですし、新型コロナウィルスによる肺炎も同じです。歯周病菌は本当に悪さをします。

さまざまな全身疾患や成人病を増悪させる重要因子なのです。

ぜひ、歯科クリニックでのプロフェッショナルケアを受けて全身疾患・成人病を予防しましょう!!


Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
くもい歯科クリニッ​ク 院長 雲井秀樹

くもい歯科クリニッ​ク
院長 雲井秀樹

北海道大学歯学部卒

鶴見大学歯学部小児歯科学教室助手職を7年間務めたのちに、当地にて開業。

ファミリアキッズ駅前園 園医

日本歯科医師会会員 日本小児歯科学会会員