«  2022年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 暑い日が続いていますね  【二子新地のくもい歯科】 | メイン | 8月といえば? »

2022年8月 3日


 



 


こんにちは。院長の雲井です。

夏といえば、海水浴やキャンプなど

アウトドアを楽しむ方も多い季節です。


 


そんな時に気をつけなければならないのが

思いもよらないケガです。

お子さまは夏休みを迎えて、

急なケガをしてしまうことも。


 


ケガといえば「すり傷」や

「骨折」を思い浮かべるかもしれませんが、

歯が抜けたり、欠けたりといった『お口のケガ』

実は珍しくありません。


 

 

 

 


■歯が抜けても元に戻せる?


 


たとえ歯が抜けてしまったとしても、

歯科医院で適切な処置を受ければ

歯を元に戻せる可能性があります。


 


歯が抜けてから処置までの時間

短ければ短いほど

元に戻せる可能性は高くなる
ので、

ケガをしたときには

30分以内の受診を強くおすすめいたします。


 



 

 

 

 


■なぜ急ぐ必要があるの?


 


歯の根には『歯根膜(しこんまく)』と呼ばれる

組織が付着しています。


 


歯根膜は「噛んだときの衝撃」を

吸収、分散するクッションの役割や

「食べものの歯ごたえ」を

脳へ伝える役割を果たしている重要な組織です。


 

 


この歯根膜は、

歯が抜けると一緒にとれてしまう上、

乾燥に弱い
という特徴を持っています。


 


そのため、

できるだけ早く歯科へ受診することを

心がけてください。


 

 

 

 


■もし時間がかかるときは


 


どうしても30分以内の受診ができないとき

抜けてしまった歯をそのままにせず、

『歯の保存液』に浸しましょう。


 


保存液は薬局などで購入することができますが、

入手が難しい場合は、抜けた歯を冷たい牛乳に浸す、

という方法もおすすめです。


 



 

 

 


また、抜けてしまった歯を拾い上げる際など、

歯を持つときは歯根膜を傷つけないためにも、

できるだけ歯の根の部分は触らないように

気をつけてください。


 

 

 

 


■歯が折れたり、欠けたりした時は?


 


抜けてはいないけど

歯が折れた!欠けてしまった!


 


こんなときも

早めの受診が肝心です!


 



 

 


たとえ事故直後は大きな変化がなかったとしても、

あとから歯ぐきが腫れてきたり、

ケガが神経まで達して

激しい痛みに襲われたり
することがあります。


 


さらに、痛みがないと思ったら神経が死んでいた、

なんてことも...


 


「つめもの」や「かぶせもの」による

治療が必要になる場合もあるので、

軽度のケガであっても放置せずに

必ず歯科を受診してください。


 

 

 


小さなお子さまは遊んでいる時に転んだり、

ぶつかったりしてケガをすることが少なくありません。

特に、夏休みは自由に遊べる時間が増えるので、

ケガも増えやすい時期です。


 


くれぐれもケガがないように気をつけて、

楽しい夏休みをお過ごしください!


 

 

 



くもい歯科クリニック
〒213-0004 神奈川県川崎市高津区諏訪1-9-1 諏訪平壱番館102
TEL:044-814-3322
URL:https://www.kumoi-dental.jp/
Googleマップ:https://g.page/KUMOI?gm/

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
くもい歯科クリニッ​ク 院長 雲井秀樹

くもい歯科クリニッ​ク
院長 雲井秀樹

北海道大学歯学部卒

鶴見大学歯学部小児歯科学教室助手職を7年間務めたのちに、当地にて開業。

ファミリアキッズ駅前園 園医

日本歯科医師会会員 日本小児歯科学会会員