«  2019年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« よく学びよく走る    【二子新地 くもい歯科】 | メイン | サボテン開花   二子新地のくもい歯科クリニック »

2019年3月 3日

こんにちは!歯科衛生士の村田です。

外出してみると朝晩はまだまだ寒いですが、日中は気持ちの良い暖かさの日も増えてきましたね!
店頭の装飾や食べ物が春の物へと移り変わり、もうすぐ桜が咲いてお花見シーズンが来ると思うと、今からワクワクしています。
こちらに引っ越して来てからもうすぐ1年なので、新たな花見スポットに行ってみようかと計画中です。近所に穴場があればいいなぁ...なんて思ってます。

さて、今回は定期健診中の出来事を少しお話します。
当院では3~4ヶ月に1回、定期健診として虫歯のチェックや歯のクリーニング、歯磨きのアドバイスをしています。

お子様のフッ素塗布の場合、ご自宅で使用している歯ブラシを持ってきていただいて歯磨きのアドバイスをしていますが、高校生の年齢以上の方はこちらで用意した歯ブラシでお話しさせていただいています。


先日、数年通っている方に補助清掃道具(歯間ブラシ)についてお話ししました。
現在のお口の中を見て適切なものをおすすめしたのですが、その方は

「何年か前にコレがいいと聞いたのでずっと同じものを買い替えて使っていたけれど、今教えてもらった道具の方が使いやすいですねー」

と言っていました。
私が何をお伝えしたいかといいますと、例え虫歯や歯周病等大きな問題が無くとも、加齢や他の体の状態でお口のケアの方法が変わってくるという事です。

私達はその時の患者様の状態を見てアドバイスさせていただいています。
普段のお口のケアの方法や道具についての確認でも構いません。
ご自宅で使っている道具を持ってきていただいても良いです。

お口の中の健康を保つのに重要な『ホームケア』を良いものにするお手伝いをさせてくださいね!


🐄院長の雲井です。
 村田さんはとても指導熱心な衛生士さんです。細かいところに気が付いて患者さんの質問に答えている姿をよく見かけます。

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
くもい歯科クリニッ​ク 院長 雲井秀樹

くもい歯科クリニッ​ク
院長 雲井秀樹

北海道大学歯学部卒

鶴見大学歯学部小児歯科学教室助手職を7年間務めたのちに、当地にて開業。

ファミリアキッズ駅前園 園医

日本歯科医師会会員 日本小児歯科学会会員