トップへ » 院長紹介・経歴 » » 勤務医の本音

勤務医の本音

interview.png

スピーカー


yoneyamadr.jpg勤務医 米山慶
九州歯科大学を平成22年に卒業。
1年間大学病院で研修し、そののち静岡県熱海市の診療所で6年勤務。
結婚を機に、神奈川県に引っ越し、くもい歯科クリニックで勤務開始。
今年3年目。

米山先生はどうしてくもい歯科クリニックに入ったのでしょうか

米山先生:
くもい歯科クリニックを知ったのは、求人サイトがきっかけでした。
そこから、くもい歯科クリニックのホームページを拝見したところ、出身中学が一緒で驚きました(笑)
ぼくは関西出身なんですが、まさかこんなところに同じ中学出身の方がいるとは思わず、まずはそこに惹かれました。
実際にお会いした雲井先生は、とても真面目な先生だなというのが第一印象でした。
自分も真面目に誠実にという教育だったので、できるだけ自分の考えに近い先生にお世話になりたいなと思っていました。
治療技術云々よりも、この先生と一緒に働きたいか、ということを大事にしていました。 何件か面接したけど雲井先生が一番でした。
実際に治療している姿、スタッフと働いている姿を見て、やっぱり誠実にされているなと非常に伝わってきます。
また、患者さんにはしっかりと説明されているので、非常に参考になっています。

くもい歯科クリニックでどんな経験を積みたいと思ったのですか?

まずは神奈川県で開業したいという思いがあったので、どんな患者さんがいらっしゃるのかなと思ったんです。
それと、今まで学んだことがなかった経営の部分も学びたかったです。
例えば売上がどうなっているかとか、スタッフマネジメントをどうしているか、広告求人をどうしているかなどですね。
人事的なこと、技術的なこと、経営的なことをしっかり学びたいという思いで入りました。

勤務して3年。入社当初と今の仕事内容は?

米山先生:
はじめは簡単な治療からでした。
具体的に言えば、CRや麻酔だけなどですね。

雲井先生:
そうですね。はじめは「麻酔だけして」と言っています。
そこで、どんな風にやるのかを見ています。
クリニックのやり方と違う場合、「うちではこのやり方だよ」と伝えて、その時の反応も見ていますね。
最初から全てを医院のやり方通りにはできないので、フィードバックしながら徐々に完成させていくという流れをとっています。

米山先生:
そうですね。
だからやりっぱなしというのがないんです。それがとても大事ですよね。
なぜかというと、治療経験が少ないときって、この治療が正しいのかどうか自分で判断できないんですよ。
そのまま迷いながらやり続けても、患者さんにとって良くないです。
分からないまま、自分の中で最終的にその方法が普通になってしまうことがすごく怖いです。
だから経験豊富な先生にチェックしてもらえることはすごく有難いです。
先生の数が多いところや、常に忙しいだけのところでは、なかなか一人のドクターに対してフィードバックをする時間がとれないところもあるかもしれませんが、くもい歯科では必ず先生が一つ一つフィードバックしてくれます。
今はほとんどの治療を任せてもらっています。
自費のカウンセリングなどもやっています。

雲井先生から一番学んだなと思う部分は?

米山先生:
雲井先生から一番学んだ部分は患者さんに対する接し方ですね。
例えば患者さんに対して悪いなと思った時は、しっかりと患者さんに謝罪をしてどうしてこうなったのかを隠さずに伝えます。
そこはすごいなと思いますね。
それと、今まで自分が見てこなかった治療を学んでいます。
特に雲井先生は小児歯科が専門なので、一般的な歯科医院よりも一歩進んだ小児歯科治療をされているなと感じました。

実際に働いて成長できたポイントはどこでしょうか

米山先生:
まずは治療技術です。
いくつか我流になっているものに気付きました。
例えばレジン充填のときにラバーダムが必要というような基本的なことも気付けました。
あと、判断基準が出来ましたね。
どこまでやれば良いのかという判断をすることができるようになったのは、歯科医師として大きいと思います。

就職先の歯科医院を選ぶときにどんなところを見たらいいでしょうか

米山先生:
院長が何を求めているかを聞いて、それが自分のやりたいことに一致しているかどうかが大事だと思います。
ここがズレてしまうと、院長にとっても自分にとってもストレスになって残念な結果になってしまうことが多いと思います。
あとは、「この人のもとで働きたい」という直観もある程度は大事なのかなと感じますね。
この人のもとなら仕事ができるなと思えるかどうか、叱られたり怒られたししたときに、自分が納得できるかどうかという視点で見ると良いと思います。
この技術を学びたいというのは、自分さえやる気があれば環境によって左右されないと思います。
実際に面接に行かないと判断できないと思いますが、電話やメールなどでのやり取りでもある程度はクリニックの方針が出ますね。
受付の対応は、院長の教育や方針が全て出ます。
くもい歯科クリニックに応募したときに、受付の対応が面接を受けた歯科医院の中で一番良かったんです。
受付やスタッフの対応は一つの判断材料になるかと思います。


米山先生からネガティブな本音を引き出そうと思ったのですが、出てきませんでした。笑
米山先生は雲井先生のことを本当に尊敬しているからこそ、このクリニックに貢献したいと思っているのだなとインタビューを通じて感じました!
くもい歯科クリニックに興味がある方は、下記からお問い合わせください。


お問い合わせはこちら


トップへ » 院長紹介・経歴 » » 勤務医の本音


コールバック予約