トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 麻酔をするときに気をつけていること

麻酔をするときに気をつけていること

麻酔をするときに気をつけていること必要に応じて、麻酔注射を使った治療を行っていますが、患者さまにできるだけ痛みを与えないよう、十分に気を配っています。

表面麻酔剤をきちんと使用する
どんなに丁寧な麻酔注射をしても、針を刺したときの痛みは伴います。こうした痛みは表面麻酔を行うことで軽減することができます。表面麻酔とは歯肉の表面に塗る薬で、痛みを和らげる効果があります。塗布してからしばらくすると感覚がなくなり、針を刺したときの"チクっ"とした痛みが少なくなります。

電動注射器でゆっくり注射
電動注射器は薬を注入する速度をコンピューター制御していますので、細い針でゆっくりと麻酔液を注入することができます。注入圧を過度に加えることがないので、注入時の痛みや不快感を和らげることができます。

細い針を使用する
一般的な歯科医院で使われている針は30Gとよばれる太さです。当院では33G(0.26mm)のごく細針を使用していますので、針を刺したときの痛みが軽減できます。

痛みを与えないためのテクニック
ここまで述べたように、さまざまな手段で麻酔注射に伴う痛みを少なくするようにしております。この他にも、注射針の向きや注射液の注入手順などにも工夫することで、より痛みを感じにくいようにと心がけています。

少し話がそれますが、麻酔注射は、患者さまにとって大きなストレスを与えます。当院では患者さまのペースに合わせた麻酔注射を行っています。常に患者さまの表情を見ながら注射するようにしています。しかし、中にはポーカーフェイスの方もおられまして、本当は痛いのに表情から読み取れないこともあるんです。

ですから、痛みが強いときや苦しいときは無理をせず、手をあげて知らせてください。手をあげることで知らせていただければ、治療を中断しますし、休憩できます。

麻酔注射のときだけでなく、歯科治療中に痛い時や苦しくなったり、休みたいときは遠慮せず、左手をゆっくり上げて合図してくださいね。

また、患者さまの中には椅子を倒されるのが不快な方や、痛みを感じやすい方など、さまざまな方がいらっしゃいます。こうした治療時の注意事項などをスタッフ間で情報共有することで、患者さまに痛みや不快感を与えない治療を心がけております。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 麻酔をするときに気をつけていること


コールバック予約