トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

さて、虫歯治療は麻酔が終われば虫歯を削っていくこになりますが、虫歯の状態によって治療方法は異なっています。
ここでは、その点について解説していきましょう。

【虫歯の進行と治療方法とは? 】
Co(シーオー:初期虫歯)
Co
歯が溶け始める「脱灰」によって虫歯が始まっている初期虫歯(Co)ですが、はっきりとした穴があいている状態ではありません。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉できちんと歯磨きを行えば、再石灰化が可能です。また、歯の溝をシーラントで埋めて汚れが付きにくくする方法もよく用いられます。

C1(エナメル質う触)
C1
虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かし、小さな穴ができた状態です。象牙質に達していないので痛みがないことがほとんどです。治療を行う場合は虫歯の部分を必要最低限削って、保険適用内のプラスティックの白い詰め物をする処置が多いです。

C2(象牙質う触)
C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、ほとんどの場合で治療の際に麻酔が必要になります。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内のプラスティックの白い詰め物をする処置を行う場合もあります。しかし、虫歯が内部で大きく広がっている場合は虫歯を削って中を消毒し、土台になる材料で埋めてから、形を整えて、さらに型をとって詰め物や被せ物を製作して装着します。
詰め物・被せ物には金属~セラミックまで、数種類の材料がありますので、カウンセリングなどで説明してから患者さまに選択していただきます。

C3(神経まで達したう触)
C3
虫歯がエナメル質、象牙質を溶かして神経まで到達したものです。激しい痛みを生じる場合が多く、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

この場合は神経の治療が必要です。神経を取り除いて根の中をキレイにする、あるいは根の中の腐った組織を清掃して、根の中をゴム材で埋めます。こののち、詰め物・被せ物をします。神経の治療を途中でやめてしまうと症状が再び悪化してしまいますので、必ず治療に通うようにしましょう。

C4(残根状態)
C4
歯のほとんどの部分がなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能なレベルで歯が残っていれば、C3のケースと同じように歯の神経の治療を行ってから、被せ物をします。残っている歯質が少なく、使えないと判断することもあります。その場合は、歯を抜くことになります。抜いた後の治療法についても、カウンセリングを通じて患者さまにご説明します。


【親知らず】
歯ならびの1番奥に生えてくる奥歯を「親知らず」と言います。生えるための場所がないような場合は、生えかけたままの状態で留まっていることがしばしばあります。こうした場合では、歯や歯肉が不潔になりやすく、手入れを怠ると痛みを生じることがしばしばあります。痛みや腫れは、抗生物質などの飲み薬を使って緩和させてることが可能です。ただし、根本的な解決方法は問題になっている親知らずを抜歯することがほとんどです。患者さまにご説明のうえ、同意が得られれば処置します(同意が得られない場合、つまり、「抜きたくない」という場合は様子をみることもしばしばです)。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯のメカニズム


コールバック予約