トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » ホワイトニング

歯を削らずに白くする治療方法【ホワイトニング】

歯のくすみや黄ばみが気になる」「歯を白くしたい」このような歯の色でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
当院では歯の黄ばみやくすみが気になる方のために、ホワイトニング治療を行っています。
ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに白くする治療方法で、専用の薬を浸透させ、歯の内側から白くしていきます。当院では以下に示すように3つのタイプのホワイトニングをご提案しています。
歯の色が気になる方は、一度、ご相談ください。

当院におけるホワイトニングメニューについて

当院ではホワイトニングについて3つの方法をご用意しています。

①オフィスホワイトニング
②ホームホワイトニング
③デュアルホワイトニング(オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング)

それぞれについて詳しくお話ししましょう。

①オフィスホワイトニング

歯科医院の中で歯科衛生士が直接に患者さまにホワイトニングを行う方法です。

この方法のメリット
・1回の処置(1時間30分程度)で終了する。即日に効果を実感できます。
・シェードガイド(歯の色見本)で4段階程度の明るさの改善を目指します。
 ※効果には個人差があります。

この方法のデメリット
・処置後24時間は色素を多く含む飲み物・食べ物を摂取できない等の食事制限があります。
・ホームホワイトニングに比べると後戻りも早いです(1~3ヶ月)。
 ※ただし、「タッチアップ」といって少し色が戻ったところで、追加的にオフィスホワイトニングを行うことで元の明るさに戻すことが可能です。

②ホームホワイトニング

ご自宅で患者さまご自身でホワイトニングを行う方法です。

この方法のメリット
・お好きな時間にお好きなペースでホワイトニングを行えます。
・後戻りが遅めです(6か月程度)。※個人差があります。
・後戻りした場合も、薬剤を追加購入するだけでホームホワイトニングを再開できます。

この方法のデメリット
・即日に効果を得ることはできません。通常2週間程度の継続的なホームホワイトニングで結果を得ることができます。
・一時的に知覚過敏症状(しみる症状)が出ることがあります。
 ※当院ではしみにくい薬剤やしみ止めの薬剤も用意しております。

③デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングを行った後に、ホームホワイトニングを行う方法です。

この方法のメリット
・オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのそれぞれの短所を補う方法であり、一番効果が高いと言えます。
・当院では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを別々に行う場合に比べてお得な価格設定になっています。

この方法のデメリット
・オフィスホワイトニング後の食事制限とホームホワイトニングの際の知覚過敏症状(しみる症状)の可能性はあります。

ホワイトニングを行う前の注意点

ホワイトニングをすぐ始めたい!というお気持ちはわかるのですが、気を付けなければならないことがありますので、まずお読みください。

担当する歯科医師や歯科衛生士が直接に説明しますが、以下の点については注意が必要です。

・歯石やステインはホワイトニングの妨げになるので、事前に歯のクリーニング治療が必要です。
・詰め物や被せものなどの人工物の色はホワイトニングをしても変わりません。
・病気にともなう歯の変色はホワイトニングでは明るくすることができません。

なにはともあれ、まずは何なりとご相談いただければ、患者さまに合ったホワイトニングをご提案できます。相談は無料ですのでお気軽にお声掛けください。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
カウンセリングについて 歯科治療に関する考え方 4つの安心
一般歯科(虫歯治療) 小児歯科 審美歯科治療 ホワイトニング 予防歯科
歯周病治療 入れ歯 矯正歯科 インプラント歯科 よくあるご質問
患者さまの声 治療費について 医療費控除について

院長紹介・経歴
院内ツアー アクセス・診療時間 スタッフ紹介 スタッフ募集
プライバシーポリシー

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら 診療予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » ホワイトニング


コールバック予約