トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科治療

その人の口元の美しさをひきたてる【審美歯科治療】

口元の見た目の美しさを気にされる方にとって最適な治療が、審美歯科治療です。『その人の口元の美しさをひきたてる【審美歯科治療】

審美歯科治療とは歯の美しさを重視し、歯並びや歯の色など、その人の口元の美しさを引き立てる美容性の高い治療をいいます。

「にこやかにほほ笑むことができる」、「人前を気にせず笑うことができる」
当たり前のことなのですが、当たり前であるがゆえに、それができないときの悲しみ、苦しみはなった人しかわかりません。
「笑いたいけど、手で口を隠したくなる」、「なるべく歯を見せないようにしているために仏頂面、能面顔になっている」・・・歯の色が悪くなければ・・・形が悪くなければ・・・
そんなお悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。

当院では治療跡が目立たない補綴物(被せ物・詰め物)を使った治療や、歯の色を白くするホワイトニングまで、幅広い審美歯科治療を行っています。

このページでは当院の審美歯科治療についてご紹介いたします。

保険・自費に関わらず、分け隔てなく治療します

保険・自費に関わらず、分け隔てなく治療します「セラミックと銀歯の違いは?」「セラミックの被せ物はずいぶん高いけど、保険の歯はどこがよくないの?」こうした疑問を感じたことはありませんか?
これまで材料による違いについては、十分な説明が行われないのが一般的でした。

当院では詰め物や被せ物の処置を行う前に、事前に使用する材料についての情報提供を行っています。女性スタッフが担当し、材料の種類や特徴、価格・保証期間など、詳しく説明します。「説明を受けたのに、自費の材料を選ばないのは気が引ける」と心配する必要はまったくございません。説明を受けた後、患者さまご自身で決めていただければ、それでよいのです。

当院では、保険・自費に関わらず、分け隔てなく治療しておりますのでご安心ください。歯の色に自信がなくて、人前でにっこりと笑えなかったあなた、どうぞご相談ください。

【完成度の高い補綴物】高い技術を持った技工士

完成度の高い補綴物当院では現在4名の技工士(詰め物やかぶせ物を作る職種)とお付き合いし、それぞれの得意分野に合わせた補綴物をお願いしています。

保険・自費の補綴物をお願いしている技工士の方のレベルは高く、保険の場合でも十分な完成度の高さです(材料そのものの善し悪しを変えることはできませんが・・・)。奥歯の自費の補綴物についてはより高い完成度を見せていただいております。また、前歯の自費の補綴物は、鶴見大学の技工士課で技工士長を務めた方にお願いしています。非常に高い能力をお持ちの方ですので、安心してお任せできます。

特に前歯の差し歯を作るときは、色決めがたいへん重要です。周囲の色と馴染まないと、全体のバランスがくずれてしまいます。非常に微妙な面がありますので、必要に応じて技工士の方に来院してもらい色を確認していただく場合もあります。

セラミックによる審美歯科治療

ここでは、当院で用いられる様々な審美治療の方法についてご紹介します。

瀬戸物に使われている陶器・磁器。美しい輝きを持っていますね。セラミック・ポーセレンといった材料はこの仲間なのです。美しいだけでなく、水を吸わないので変色しにくいのです。耐久性にも優れており、メンテナンスをしっかりしていただければ長期にわたり使用可能です。セラミックに関する技術革新は著しく、当院では次のような製品を取り扱っています。

見た目も自然で美しい【メタルセラミッククラウン】
メタルボンドクラウン金を含む合金で作られた金属の冠(クラウンと呼びます)にセラミックを焼き付けて仕上げてあります。見た目も自然で美しいものです。ただし、合金の部分が歯肉を刺激してクラウンと歯肉の継ぎ目の部分が合わなくなることがあります。このため歯の根の部分の色が出てしまうことがあります。この色が出ている部分はブラックラインと呼ばれ、せっかくの美しさを損なう原因になることがあります。

金属アレルギーの方でも安心【オールセラミッククラウン】
オールセラミッククラウン全く金属を使わないで作られています。色合いが非常に美しいだけでなく、自然な透明感と輝きを持っています。セラミックのみでできているので、金属アレルギーの心配もありません。冠の周囲の歯肉への悪影響も少ないのでブラックラインも生じにくいです。

【ラミネートベニア】自分の歯を痛めない
ラミネートベニア歯の表面に化粧板のようにセラミックの薄い板を貼り付けて治します。歯を削る量が少なく、患者さまの歯を痛めないという点で優れています。しかしながら、薄い板のような構造なので色合いの表現には限界があります。また、薄いがゆえに、はがれたり割れたりする可能性について留意が必要です。

奥歯を白くしたいときは【ハイブリッドセラミッククラウン】
ハイブリッドセラミッククラウン金を含む合金のクラウンにセラミックと樹脂を含んだ複合素材を貼り付けて作ってあります。おもに、奥歯を白くしたいときに使われます。樹脂を含んでいるため割れにくく、噛み心地も自然です。ただし、メタルセラミッククラウンやオールセラミッククラウンに比べると色合いや透明感などが劣っています。また、樹脂を含むため年数を経るとすり減ったり、多少の変色をすることがあります。

【セラミックインレー・アンレー】一部分だけを削ってセラミックを詰める
セラミックインレー・アンレー奥歯の治療では、歯全体にクラウンをかぶせるような治療がいつも必要なわけではありません。一部分だけを削ってセラミックを詰めるだけで治せる場合に用いる治療法です。金属を使用せず、オールセラミックかハイブリッドセラミックで作ります。金属がないのでたいへん透明感があり自然な仕上がりになります。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
カウンセリングについて 歯科治療に関する考え方 4つの安心
一般歯科(虫歯治療) 小児歯科 審美歯科治療 ホワイトニング 予防歯科
歯周病治療 入れ歯 矯正歯科 インプラント歯科 よくあるご質問
患者さまの声 治療費について 医療費控除について

院長紹介・経歴
院内ツアー アクセス・診療時間 スタッフ紹介 スタッフ募集
プライバシーポリシー

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら 診療予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科治療


コールバック予約