トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療)

治療の痛みに対して敏感な方へ

歯の治療は痛いからイヤ!」そういって、歯医者を敬遠している方はいらっしゃいませんか?
治療の痛みに対して敏感な方へ

治療にともなう「痛み」への不安や恐怖は、患者さまにとって相当なストレスです。当院では、できるだけ痛みを取り除くために、さまざまな工夫を行っております。

まず注射麻酔の前に表面麻酔を塗ります。少し時間をおいてから、電動注射器を使用しゆっくりと麻酔液を注入していきます。
こうした手順をとることで針を刺したときのチクっとした痛みや、薬が入っていくときの不快感がほとんどありません。細かな部分まで気を使っておりますので、痛みに対して敏感な方でもご安心いただけます。

【当院の特徴】歯を抜く、抜かないについて

歯を抜く、抜かないについて最近の歯科治療では、歯を抜かないことを重視する傾向にあります。患者さまの中にも「歯を抜かないでください」と要望される方が増えています。一度失ってしまった歯は、二度と生えてきませんので、できるならば抜かずに残しておきたいと思うのも無理もないことですね。とはいえ、虫歯や歯周病の度合いによっては、残しておくと周りの歯にも悪い影響を与えてしまうことがあります。

歯を抜かずにおいておけるか、それとも抜くしかないかは歯科医師の判断にゆだねていただくしかありません。ですが、なるべく患者さまの希望に沿うようにと心がけています。

と、いうことで、当院では健康面に影響を与えない範囲であれば、歯を抜かない治療のご相談をお受けしています。医学的には抜いたほうがいい場合でも、当面はおいておくことが可能な場合もありますね。
ただし、悪い歯を残すのですから、当然リスクも伴います。そうしたことをきちんとお伝えし、納得された患者さまには、できる限り歯を抜かないための努力は惜しみません。

麻酔をするときに気をつけていること

麻酔をするときに気をつけていること必要に応じて、麻酔注射を使った治療を行っていますが、患者さまにできるだけ痛みを与えないよう、十分に気を配っています。

表面麻酔剤をきちんと使用する
どんなに丁寧な麻酔注射をしても、針を刺したときの痛みは伴います。こうした痛みは表面麻酔を行うことで軽減することができます。表面麻酔とは歯肉の表面に塗る薬で、痛みを和らげる効果があります。塗布してからしばらくすると感覚がなくなり、針を刺したときの"チクっ"とした痛みが少なくなります。

電動注射器でゆっくり注射
電動注射器は薬を注入する速度をコンピューター制御していますので、細い針でゆっくりと麻酔液を注入することができます。注入圧を過度に加えることがないので、注入時の痛みや不快感を和らげることができます。

細い針を使用する
一般的な歯科医院で使われている針は30Gとよばれる太さです。当院では33G(0.26mm)のごく細針を使用していますので、針を刺したときの痛みが軽減できます。

痛みを与えないためのテクニック
ここまで述べたように、さまざまな手段で麻酔注射に伴う痛みを少なくするようにしております。この他にも、注射針の向きや注射液の注入手順などにも工夫することで、より痛みを感じにくいようにと心がけています。

少し話がそれますが、麻酔注射は、患者さまにとって大きなストレスを与えます。当院では患者さまのペースに合わせた麻酔注射を行っています。常に患者さまの表情を見ながら注射するようにしています。しかし、中にはポーカーフェイスの方もおられまして、本当は痛いのに表情から読み取れないこともあるんです。

ですから、痛みが強いときや苦しいときは無理をせず、手をあげて知らせてください。手をあげることで知らせていただければ、治療を中断しますし、休憩できます。

麻酔注射のときだけでなく、歯科治療中に痛い時や苦しくなったり、休みたいときは遠慮せず、左手をゆっくり上げて合図してくださいね。

また、患者さまの中には椅子を倒されるのが不快な方や、痛みを感じやすい方など、さまざまな方がいらっしゃいます。こうした治療時の注意事項などをスタッフ間で情報共有することで、患者さまに痛みや不快感を与えない治療を心がけております。

虫歯のメカニズム

さて、虫歯治療は麻酔が終われば虫歯を削っていくこになりますが、虫歯の状態によって治療方法は異なっています。
ここでは、その点について解説していきましょう。

【虫歯の進行と治療方法とは? 】
Co(シーオー:初期虫歯)
Co
歯が溶け始める「脱灰」によって虫歯が始まっている初期虫歯(Co)ですが、はっきりとした穴があいている状態ではありません。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉できちんと歯磨きを行えば、再石灰化が可能です。また、歯の溝をシーラントで埋めて汚れが付きにくくする方法もよく用いられます。

C1(エナメル質う触)
C1
虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かし、小さな穴ができた状態です。象牙質に達していないので痛みがないことがほとんどです。治療を行う場合は虫歯の部分を必要最低限削って、保険適用内のプラスティックの白い詰め物をする処置が多いです。

C2(象牙質う触)
C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、ほとんどの場合で治療の際に麻酔が必要になります。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内のプラスティックの白い詰め物をする処置を行う場合もあります。しかし、虫歯が内部で大きく広がっている場合は虫歯を削って中を消毒し、土台になる材料で埋めてから、形を整えて、さらに型をとって詰め物や被せ物を製作して装着します。
詰め物・被せ物には金属~セラミックまで、数種類の材料がありますので、カウンセリングなどで説明してから患者さまに選択していただきます。

C3(神経まで達したう触)
C3
虫歯がエナメル質、象牙質を溶かして神経まで到達したものです。激しい痛みを生じる場合が多く、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

この場合は神経の治療が必要です。神経を取り除いて根の中をキレイにする、あるいは根の中の腐った組織を清掃して、根の中をゴム材で埋めます。こののち、詰め物・被せ物をします。神経の治療を途中でやめてしまうと症状が再び悪化してしまいますので、必ず治療に通うようにしましょう。

C4(残根状態)
C4
歯のほとんどの部分がなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能なレベルで歯が残っていれば、C3のケースと同じように歯の神経の治療を行ってから、被せ物をします。残っている歯質が少なく、使えないと判断することもあります。その場合は、歯を抜くことになります。抜いた後の治療法についても、カウンセリングを通じて患者さまにご説明します。


【親知らず】
歯ならびの1番奥に生えてくる奥歯を「親知らず」と言います。生えるための場所がないような場合は、生えかけたままの状態で留まっていることがしばしばあります。こうした場合では、歯や歯肉が不潔になりやすく、手入れを怠ると痛みを生じることがしばしばあります。痛みや腫れは、抗生物質などの飲み薬を使って緩和させてることが可能です。ただし、根本的な解決方法は問題になっている親知らずを抜歯することがほとんどです。患者さまにご説明のうえ、同意が得られれば処置します(同意が得られない場合、つまり、「抜きたくない」という場合は様子をみることもしばしばです)。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
カウンセリングについて 歯科治療に関する考え方 4つの安心
一般歯科(虫歯治療) 小児歯科 審美歯科治療 ホワイトニング 予防歯科
歯周病治療 入れ歯 矯正歯科 インプラント歯科 よくあるご質問
患者さまの声 治療費について 医療費控除について

院長紹介・経歴
院内ツアー アクセス・診療時間 スタッフ紹介 スタッフ募集
プライバシーポリシー

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら 診療予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約